ローンの種類について

住宅ローンの大まかな特徴をご紹介。

ローンの種類について

1.公的融資

金利が変わらない住宅ローン【フラット35】
【フラット35】とは、35年間金利が変わらない住宅金融支援機構のローンです。
【フラット35】の主な特徴は以下のとおりです。

【フラット35】の特徴
1)35年間の長期金利
2)保証料0円、繰上返済0円
3)住宅金融支援機構の技術基準で、住まい作りを支援
4)安心サポート
金利が変わらない住宅ローン【フラット35】

2.私的融資

1)提携ローン
当社が提携をしている金融機関のローンで、物件により優遇金利を適用いたします。ご契約時に当社からご提案をさせていただきます。詳細は当社営業までお問い合わせください。
2)非提携ローン
住宅を購入する個人が、金融機関と直接融資を受けるローンです。

3.つなぎ融資

不動産購入者が、公的融資や自己所有不動産の売却代金を受領する以前に、工事代金や購入代金にあてるため受ける融資のことをいいます。

金利について

1.変動金利型

住宅ローンなどの借入金利の利率が、支払期間中に市場動勢などで変動します。固定金利は貸倒リスクを考え、金利を高めに設定されるのに対して、変動金利は実勢にあった利率で利用できます。

2.固定金利型

1)(全期間)固定金利型
金利がローン完済時まで固定されているもので、契約時に低金利の場合この全期間固定金利型を選択すると支払総額も抑えることが出来ます。また、支払額も毎月固定されているので、生活設計も長期にわたって立てやすいのも利点です。
2)固定期間選択型
住宅ローンを借り入れて一定の期間の金利が固定されるというものです。その期間を過ぎた後は、変動金利か、再度固定金利を選択することも出来ます。

必要書類

一般的な必要書類となります。詳細は金融機関または当社の担当へご確認下さい。

  • 1)所得証明書や源泉徴収票といった収入を確認できる書類
  • 2)勤続年数が確認できる書類・健康保険証のコピー(本人と扶養家族の欄が必要)
  • 3)印鑑証明書・住民票(家族全員記載)
  • 4)本人確認資料(運転免許証やパスポート)
  • 5)自営業の場合は納税証明書(その1、その2)
  • 6)預貯金などの通帳のコピーなど自己資金を確認できる資料
  • 7)売買契約書・重要事項証明書

この他に、不動産登記簿謄本や不動産売買契約書、重要事項説明書、建物平面図、公図、物件案内図といった、物件を確認するための資料が必要となる場合がございます。